日本中国語検定(中検)とは

日本中国語検定(中検)は英検と同じような形の中国語の資格

日本でよく知られている中国語の試験といえば何でしょうか。

人によっては、HSKという人もいれば、日本中国語検定(中検)と言う人もいますね。

もちろん世界的にみたらHSKは、中国政府公認の資格となりますので信頼度が全く違います。

しかし、HSKは日本企業でも知らない資格となるため就職活動でHSKを取得したと言って大きなメリットにならないかもしれません。

自らHSKの説明をすれば理解してくれるひとも沢山います。

いつも私がHSKの説明をする時は、「TOIECの中国語版」と説明することで理解してくれます。

中検はあまり意味ないと言う人がいますが、中国に留学して自ら感じたことや中国に住んでいる日本人に話を聞いた上での感想を言うと、HSKより中検の方が難しいです。

そもそもの単語のレベルが違うのですが、HSKには話すテストは含まれていません。

話すテストはHSKKと呼ばれる口語の試験があります。

しかし、中検1級は「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの能力を求められるます。

またHSKよりも単語レベルの難易度が高いので、非常に難しいと捉えてください。

そのため自分の中国語の能力を本当に高めたいのであれば、中検を取ることはオススメします。

就職のために何か資格を取るという目標であれば、HSKの方が難易度が低いですし、世界的な知名度は高いです。

中国語検定の能力

HSKと中国語検定のレベルの違いはお伝えしました。

中国語検定は、「運用能力」と「読解能力」の2つに分けられています。

運用能力:道を尋ねたり,友達と話したりするようなアウトプット的な操り

読解能力:雑誌や新聞を読んだりテレビを見たりするようなインプット的な操り

中国語検定の能力

中国語検定は、級によって求めらる能力が変わります。

下の級では「運用能力」が求められ、上の級になればなるほど「読解能力」を求められう問題の比重が高くなります。

そのため、3級まではスムーズに合格したが、2級から中々合格しないということも発生します。

中国語検定とHSKの違い

冒頭に中国語検定とHSKの違いは、難易度だという風にお伝えしましたが、それ以外にも沢山ありますし、中国語検定のどの級がHSKのどの級に当てはまるのかなど不明な方もいると思いますので、そのあたりもお伝えしていきます。

元々、よく言われていたのはHSKは日本での知名度は低いので就職には中国語検定の方がいいと言われていました。

しかし、近年HSKの知名度も上がってはきているため、中国語が話せる人材を求めている人事であれば間違いなくHSKも知っているはずです。

また、中国語を重要な言語と捉えている伊藤忠商事はHSKの取得を推奨していることからも日本企業にもHSKの知名度は高くなっているため「日本企業の就職=中国語検定」がおすすめという構図はなくなりました。

また、HSKは中国の大学本科への留学や中国企業で活躍を目指す方にオススメです。

HSKの上位資格を取ることで、留学費免除になったりなどのメリットがありますし、留学するにはHSKの資格レベルで判断されてしまいます。

中国語検定の最上級を取得したからと言って中国人には全く通じないため気をつけてください。

ちなみに中国語検定とHSKの級のレベルを比較した場合下記のようになります。

中国語検定とHSKの違い

中国語検定の受験料

中国語検定の受験料

中国語検定の受験料は上記になります。

郵送申し込みとインターネットでの2種類の方法で申し込みができますが、インターネットによる申し込みの方が200円安くなりますし、手間もかからないのでインターネットから申し込むことをオススメします。

級が上がるにつれて値段が高くなっていくため、しっかりと勉強して一発合格するようにしましょうね!

中国語検定の各級出題・解答方式

中国語検定の各級出題・解答方式

リスニングと筆記試験の2つに分かれています。

マークシートによる選択がほとんどですが、一部記述問題も含まれています。

中国語検定の各級合格点

中国語検定の各級合格点
リスニングと筆記試験に合格点がある為、両方とも合格点を越える必要があります。

その為、どちらか一方が得意だからといって2つの合計点で合格点を超えても不合格となります。

しっかりとどちらも勉強をして各合格点を越えるように頑張ってください。

中国語検定の試験時間

中国語検定の試験時間割

級によって時間が違うので気をつけてください。

また午前と午後の級は併願することが可能なので、一気に2つの級を受けたりできるのは嬉しいです。

中国語検定の注意事項
・10:00または13:30時点で入室していない場合や事前説明中の退室は遅刻となります。

・試験はリスニング・筆記の順に行われ、集合時間からリスニング試験終了までの間は入室することができません。
遅刻した場合は、リスニング試験は受けられませんが、リスニング試験終了後、係員の指示に従って入室して筆記試験を受けることはできます。

・受験料は理由を問わず返金はしてくれません。

中国語検定の受験について

試験日の10日前までに会場地図を掲載して、受験票が発送されます。

受験票が届いた際にすぐに内容を確認してください。

級・会場・住所・氏名が申し込み内容と異なっていないかは確認です。

試験日当日の持ち物は、受験票・筆記用具・腕時計は持っていくようにしてください。

中国語検定の受験会場について

受験会場は変更されることがあるため、公式サイトでしっかりと確認を取ってください。

北海道・東北

北海道

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

海外

中国語検定の各級のレベル

中国語検定の各級のレベルがどういう基準かを説明していきます。

準4級のレベル

中国語学習の準備完了レベル

学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていることが証明されます。

学習時間60~120時間程度で一般大学の第二外国語における第一年度前期修了における半年以上の学習程度。
基礎単語約500語による発音(ピンイン表記)及び単語の意味、日常挨拶語約50~80による語句を知っている程度。

4級のレベル

中国語の基礎をマスターしているレベル

平易な中国語を聞き、話す事が身についている事が証明されます。

学習時間120~200時間程度で一般大学の第二外国語における第一年度履修程度。
発音(ピンイン表記)及び単語の意味、常用語500~1,000による単文の日本語訳・中国語訳。

3級のレベル

自力で応用力を養えるレベル

基本的な文章を読み、書くことができ、簡単な日常会話ができること。

学習時間200~300時間で、一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。
発音(ピンイン表記)及び単語の意味、常用語1,000~2,000による複文の日本語訳・中国語訳。

2級のレベル

実務能力の基礎づくり完成のレベル

複文を含むやや高度な中国語の文章を読み、3級程度の文章を書くことができること。

日常的な話題での会話が行えること。
熟語・慣用句の意味、語句の解釈,500字程度の中国語の文章の部分訳

準1級のレベル

実務に即従事しうるレベル

社会生活に必要な中国語を基本的に習得し、通常の文章の中国語訳・日本語訳や簡単な通訳ができること。

一次試験:新聞・雑誌・文学作品・実用文などからやや難度の高い文章の日本語訳・中国語訳、及び熟語・慣用句などを含む総合問題。
二次試験:日常会話,簡単な日本語・中国語の逐次通訳及び中国語スピーチ。

1級のレベル

高いレベルで中国語を駆使しうるレベル

高度な読解力・表現力を有し,複雑な中国語及び日本語 (例えば挨拶・講演・会議・会談など)の翻訳・通訳ができること。

一次試験:新聞・雑誌・文学作品・実用文などから難度の高い文章の日本語訳・中国語訳、及び熟語・慣用句などを含む総合問題。
二次試験:難度の高い日本語・中国語の逐次通訳。

HSKの申し込み等は下記の公式HPをご覧ください。
日本のHSK公式HPはこちらをクリックしてください